MTBって知ってますか?

MTB

こんばんは!Taiです。

タイトルの通り皆さん、「MTB」って知っていますか?

なんのことはないマウンテンバイクのことです。

自分はマウンテンバイクが大好きです。

少しでも皆さんにその魅力を伝えられたらと思って今日はそのことを記事にしてみます。

ところで皆さん、自転車ってそもそもどんな種類があるかご存じですか?

ざっと大まかにわけるとこんな感じです。

・実用車(いわゆるママチャリ、かご・荷台が標準装備のため積載に優れる)

・電動アシスト自転車 (実用車に電動アシスト機能が付いたもの)

・クロスバイク (舗装路のスポーツ走行を意識しつつ、乗り心地も加味した自転車)

・ロードバイク(舗装路のスポーツ走行に特化)

・MTB(悪路を走るためにサスペンションを装備、タイヤがブロックパターン)

・e-bike(クロス・ロード・MTBのようなスポーツ車に電動アシスト機能が付いたもの)

実は各カテゴリの中にはそれぞれまた細分化されたカテゴリがありその数はとても多いです。

現にMTBでは大まかに↓のようなジャンルがあります。

MTBの種類として・・・

・ハードテイルorフルサスペンション

(前タイヤのみにサスペンションがついているのがハードテイル、前後についているのがフルサスペンション)

・e-bikeかそうでないか

タイヤサイズが・・

26インチ、27.5インチ、29インチ(小さいほどタイヤのサイズが小さくなり漕ぎだしが軽くなる。一方最高速度や安定性は29インチに近づけは近づくほど高くなる。近年のは26、29の中間の27.5が主流です)

競技の種類として・・・・

ダウンヒル(夏のスキー場で下りのみを走り抜ける競技)

エンデューロ(登り、下りセクションにわけ登りは規定タイム内に走り抜ければok、下りはタイムを競う)

トレイル(定義が難しいですが、コースとされていない道を他人と競うのでなくクリアしていく)

と全くMTBをご存じない方からすると色々書いてよくわからん!って思いますよね笑

そもそもMTBに興味を持ったからといっていきなり競技に出るわけではないですしね。

上のカテゴリ分けはふーん、そんなのがあるんだ程度に覚えてもらえると嬉しいです!

なぜ私が自転車に乗るならMTBをおすすめするのか?

これはズバリ、「普段走る道はでこぼこしていたり、案外段差が多いから」です。

例えば本来自転車は車道を走ることがルールとして定められています。

そうすると車道の左端を走ることになるのですがここはよく大きなゴミや石があったり、排水溝まで水を誘導するために左下に向かって傾斜がついていたりします。

また歩道でも自転車が走ることができる場所も一部あります。

その場合、交差点になっていたりすると歩道が一度途切れて、つなぎ目に段差があったりします。

つまり、普段走る道はほとんどクリーンでない可能性が高いのです。

クロス乗りさん、ロード乗りさんはそういう場所を避けて車道を走っていることが多いのも頷けます。

でも実際にスポーツ走行するだけじゃなく現実問題、コンビニにいったり普段の足としても使用される方も多いと思います。

そんな場合、サスペンションがあると衝撃を吸収してくれて乗りやすいです。

私は「ハードテイルのMTB」をおすすめします。

価格もスポーツ車にしては安く、(5万~15万円前後)ぶっ飛んだり、コケたりが日常茶飯事のMTBですのでしっかり頑丈にできています

私はロッキーマウンテンのグロウラーというハードテイルに5年ほど乗っていますが頑丈さは折り紙つきだと感じます。

空気圧の管理、チェーンの注油以外、たまに洗車、以外のことはほとんどしていませんが全く問題なく気持ちよく乗れています。

いつ買っている自転車にあと数万円だけ出してみてください。

歩道のヘリが、ちょっとした段差が、砂利道が、悪路が今までストレスだったのが

クリアする楽しさに変化するのはちょっとした驚きです。

MTBについて何かわからないことがあれば僕のツイッターまでご連絡ください。

それでは今日はここまで、本日も読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました